TAKEUCHIを知る さらにTAKEUCHIがわかる
もっとTAKEUCHIが好きになる

採用トピックス

INTERMAT2018出展レポート【社内報 若竹 第320号 より抜粋】

  • 2018年8月24日 
  •  4月23日(月)~28日(土)の会期に国際展示会INTERMATがパリ北東部Villepinteにて開催され、弊社も出展、販促と来客対応を行いました。

     今期のTFRの重要目標は“高機能、高品質、高サービスの竹内ブランドの再興”を掲げてフランスの市場シェアトップ3奪還を大目標にしており、インターマット展示会はその戦略において非常に重要なポイントでした。
     会期中においては、竹内社長を始め本社スタッフにも参列いただきながら雑誌や新聞の取材も含め、当地においてTakeuchiの欧州市場への関心の高さ、顧客最優先の姿勢、高品質という竹内のプレゼンスを内外に強く示すことができました。また各欧州販社からも主要スタッフの来場があり、現地ディーラー、エンドユーザーと合わせ、弊社スタンドは会期中常時盛況しました。初日から家族総出によるボランティアで手伝いを買って出るディーラーもおり、この展示会に懸ける意気込みは強いものがありました。

     赤と白を前面に押出したブースは、展示した弊社製品と上手く調和し訪問者からも好評をいただきました。630㎡の敷地に配置した製品17台の周囲は実機を確認するお客が絶えず、ディーラーも積極的に顧客対応、製品説明を行っていました。

     同INTERMATにて当地お披露目となった新機種TB225 / TL6Rに関しては、多くの関心、質問が寄せられ好評を得ました。とりわけTB225について会期中は勿論、その後も継続して沢山の商談をいただいており、欧州市場における弊社ブランドの認知度向上、販売増加に貢献してくれると大きな期待を寄せています。TB2150Rについても、事前準備していた1000部以上のカタログが最終日には品切れになるほどの盛況で、引き合いや質問が途切れることはありませんでした。

     準備段階における諸手配は勿論、会期中に行った決起集会等、多くの時間を同じくした現地スタッフとディーラーは、その連帯を確認し合い、今後Takeuchiへの注力が一層高まる機運を得ました。今回初めて竹内社長、副社長に直接会うことができたディーラーや顧客は、こぞって写真撮影を依頼、大喜びで竹内への忠誠心を新たにしておりました。
     多くのお客様、関係者の方々から“過去最高のインターマット”との賞賛をいただけたことは、仏竹一同にとっても今回のインターマットの成功と、今後の躍進に向けて大きな自信となっています。

     同展示会の成功に対し、多大なるご協力をいただきました関係各位の皆様には、厚く御礼申し上げます。
  • 一覧に戻る
ページの先頭へ