SDGs TAKEUCHIがひらく未来~SDGsへの貢献~

TAKEUCHIがひらく未来~SDGsへの貢献~イメージ

当社は、 国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」を念頭に、地球に優しく豊かな社会の実現に貢献したいと考えています。中でも、11番目の目標「住み続けられるまちづくりを」は、当社グループの事業領域そのものです。より安全で、より効率的で、よりクリーンな建設機械の開発、製造、販売、アフターサービスを通じて、広く社会に貢献してまいります。その代表的な貢献例をご紹介します。

建設現場での重労働から解放

建設現場から重労働を解放する小型建設機械のイメージミニショベルが世に登場するまでは、住宅街の建設現場はつるはしとスコップで作業しており、大変な重労働でした。そんな当時の建設現場での重労働から解放し、皆様に喜んでいただきたいという思いで開発されたのが、当社のミニショベルでした。ミニショベルは労働負荷を軽減しただけではなく、工期を大幅に短縮させ(例えば1週間を1日にするなど)、人手不足の解消にも貢献しました。

建設機械は、 そのサイズによって果たす役割が異なります。当社が得意とする小型建設機械は、都市をはじめとした居住区域での小規模な工事現場、つまり大型建設機械が入り込めない狭小地や密集地で主に活躍します。住宅建築の基礎工事、水道管やガス管などの生活インフラ工事、工場や商業施設、公営体育館などの官民の建設投資をはじめ、衣食住の「住」に深く関わり、人々の毎日の暮らしを支え続けています。

国連が公表した推計資料によると、全世界的に都市部への人口集中が進んでおり、人口の増加ペース以上に都市人口は増加していくだろうとされております。当社のミニショベルやクローラーローダーは、掘削作業だけではなく、アタッチメントを交換することにより、1台で何役もこなせる汎用性を考慮して開発されており、これからの街づくりにおいて、当社製品のニーズはますます高まっていくと考えています。

災害レジリエンス(しなやかで強靭な回復力)を向上

災害レジリエンス(しなやかで強靭な回復力)を高める小型建設機械のイメージ気候変動によって増え続ける自然災害。その爪痕は深く、被害はどんどん大きくなってきています。大切なことは、このような災害に対して、どのように備え、迅速に対応できるかです。狭い場所でも小回りよくパワフルに作業ができる小型建設機械は、早期復旧・復興に“なくてはならない機械”として注目されています。実際に、台風や地震などの被災地においてがれきや土砂を除去するために使用されることが多く、オーストラリアやアメリカで発生した大規模な森林火災でも延焼を防ぐために活躍しました。また、小型建設機械は自然災害の防止にも役立っています。例えばクローラーローダーで、その走破性と多様なアタッチメントを活かして、森林に堆積した枯れ葉、枯れ枝の収集・処理作業を行っており、森林火災の防止に活躍しています。

地球環境にも人にも優しい製品開発を

地球環境にも人にも優しい製品開発をのイメージ

製品が排出するCO2の削減は、当社にとっても、お客様にとっても、重要な課題であると認識しています。その解決に向けて取り組んでいるのが、電池式ミニショベルの開発です。CO2を含む全ての排出ガスがゼロになることで環境に優しいだけではなく、建物内や地下など密閉された現場でも、排出ガスによる健康被害の心配がなくなります。また、騒音が大幅に低減するという電動化のメリットは、都市部での作業が多い小型建設機械との相性が抜群です。
当社のディーゼルエンジン式の既存製品は、欧米で定められている厳しい環境基準(排出ガス規制)や安全基準に適合しています。ディーゼルエンジン式の建設機械の性能向上のみならず、ハイブリッド機種を含めた電動化を推進し、地球環境にも人にも優しい製品づくりに取り組んでまいります。

ページの先頭へ